地域貢献・社会貢献地域貢献・社会貢献

地元の人々に愛されるためには、
まずは自らが愛し、誠実に地域貢献をつづけること。
企業の在り方を示した、創業者の理念です。
そして今、笑顔の合言葉はMade in Urayasu。

地元の人々に愛されるためには、
まずは自らが愛し、
誠実に地域貢献をつづけること。
企業の在り方を示した、
創業者の理念です。
そして今、笑顔の合言葉は
Made in Urayasu。

 地域貢献・社会貢献に対する創業者の理念は、年月を重ねるなかで、ゆっくり、少しずつですが、確かなカタチとなっています。

 地域のイベントや文化事業への協賛。環境省主催キャンペーンへの積極的な参加。そして、2014 年からは、浦安をホームタウンとするサッカーチーム、ブリオベッカ浦安のユニフォームパートナーに。地域の夢をサポートし、自らの夢も託しています。身近なところから一つひとつ、誠実に、着実に。それが、マナビスらしい社会貢献のありかただと考えています。

ブリオベッカ浦安×マナビス

 1989年に浦安市内初の中学生のクラブチームとして創立し、2000 年には社会人チームが誕生。

 2015年、現在のブリオベッカ浦安に改名。2016 年には日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格を果たしました。まさにこの地に生まれ育った、愛し、愛されるチームです。「浦安から世界へ」というチームの合言葉に、マナビスは「Made in Urayasu」で応え、地域を愛するもの同士、笑顔の握手を交わしています。世界へ選手を送り出すこと。世界に通用するチームへ成長すること。そして、マナビスがグローバルブランドになること。それぞれの夢をいつか現実に。

 いい汗をかく選手たちのために、ブリオベッカブランドのスキンケア&ヘアケア製品を開発・製造。サポーターや地元の方々が購入できるオンラインショップも開設しました。売り上げの一部はチームへ。化粧品メーカーならではのカタチで、応援したい気持ちを伝えています。